home > atelier > 沿革 歴史

沿革 歴史

前田木藝工房の歩み
1880明治13年前田南齋、静岡県伊豆稲取に生まれる。本名兼吉。
萩谷幸作、安保木方斉に師事
1901明治34年前田南齋、桑樹匠として東京宝町に工房をひらく。
1904明治37年前田南齋、東京府工芸展初出品。二等賞受賞。
1910明治43年前田保三(前田南齋の子)生まれる。
前田南齋に師事。
1914大正3年東京大正博覧会出品、金賞受賞。
1922大正11年平和記念東京博覧会出品、金賞受賞。
1925大正14年パリ万国現代装飾美術工芸博覧会出品、名誉賞受賞。
1926大正15年フィラデルフィア万国博覧会出品、金賞受賞。
前田南齋、木竹工芸会結成に参加。
 昭和初期前田南齋、日本美術協会にて委員をつとめる。
前田南齋、日本美術協会主催の美術展覧会にて審査員をつとめる。
星野克斉と木工界を二分する指物師。
前田南齋後援会「南齋作品会」が結成される。
前田保三、東京美術学校(現東京藝術大学)夜間部卒業。
1927昭和2年木竹工芸会発足。
前田南齋、斉藤富ト、鈴木留斉、木内省古、
稲木東千里らとともに木工同人となる。顧問は今泉雄作。
戦時統制、規制から工芸活動を保護する行政認定制(マル芸など)。
大日本工芸会設立。
日本美術及工芸統制協会設立。(第四部会:工芸美術)
1940昭和15年前田南齋、紀元二千六百年奉祝展(先の帝展、新文展)、出品。
1948昭和23年前田純一(前田南齋の孫)生まれる。
前田南齋、保三に師事。
前田保三、木彩会を結成。
同年、銀座服部和光にて第一回木彩会展開催(現在も展覧会を開催)。
1950昭和25年第2回 木彩会展
1951昭和26年第3回 木彩会展
1952昭和27年第4回 木彩会展
1953昭和28年第5回 木彩会展
1954昭和29年第一回日本伝統工芸展(第一回は無形文化財保持者のみ)
第6回 木彩会展
1955昭和30年第7回 木彩会展
1956昭和31年前田南齋、喜寿記念の個展。
前田南齋、桑夢殿厨子制作。
第8回 木彩会展
1957昭和32年第9回 木彩会展
1958昭和33年前田南齋、没。
第10回 木彩会展
1959昭和34年第11回 木彩会展
1960昭和35年以後毎年
1961昭和36年
1962昭和37年第14回 木彩会展
1963昭和38年第15回 木彩会展
1964昭和39年第16回 木彩会展
1965昭和40年第17回 木彩会展
1966昭和41年第18回 木彩会展
1967昭和42年前田純一、オフィス家具メーカーの製品企画室勤務。
第19回 木彩会展
1968昭和43年第20回 木彩会展
1969昭和44年第21回 木彩会展
1970昭和45年工房を神奈川県鎌倉市へ移設。
第22回 木彩会展
1971昭和46年前田純一、オフィス家具メーカーの製品企画室長を退職。
第23回 木彩会展
1972昭和47年第24回 木彩会展
1973昭和48年第25回 木彩会展
1974昭和49年前田純一、第21回日本伝統工芸展初入選。
第26回 木彩会展
1975昭和50年前田純一、第22回日本伝統工芸展入選。
前田大作(前田南齋の曾孫)生まれる。
前田純一に師事。
第27回 木彩会展
1976昭和51年前田純一、第23回日本伝統工芸展入選。
前田純一、日本伝統工芸展3回連続入選により
日本工芸会木竹部正会員に認定される。
以後入選を重ねる。
第28回 木彩会展
1977昭和52年第29回 木彩会展
1978昭和53年第30回 木彩会展
1979昭和54年第31回 木彩会展
1980昭和55年前田純一、神奈川県美術展入選。
第32回 木彩会展
1981昭和56年前田保三、没。
第33回 木彩会展
1982昭和57年第34回 木彩会展
1983昭和58年第35回 木彩会展
1984昭和59年工房を長野県松本市へ移設。
第36回 木彩会展
1985昭和60年第37回 木彩会展
1986昭和61年第38回 木彩会展
1987昭和61年前田純一、国立近代美術館「木工芸展」招待出品。
第39回 木彩会展
1988昭和63年第40回 木彩会展(40回記念展)
1989平成元年前田純一、銀座和光にて個展(1回目)。
第41回 木彩会展
1990平成2年第42回 木彩会展
1991平成3年第43回 木彩会展
1992平成4年第44回 木彩会展
1993平成5年前田純一、(社)日本工芸会東日本支部長野研究会(現長野会)会長(1期目)
第45回 木彩会展
1994平成6年前田純一、(社)日本工芸会東日本支部長野研究会(現長野会)会長(2期目)
前田大作、松本深志高校卒。千葉大学工学部工業意匠学科入学。
第46回 木彩会展
1995平成7年前田純一、銀座和光にて個展(2回目)。
前田純一、(社)日本工芸会東日本支部長野研究会(現長野会)会長(3期目)
第47回 木彩会展
(社)日本工芸会東日本支部長野研究会(現長野会)主催による
阪神淡路大震災チャリティ展覧会開催。
1996平成8年第48回 木彩会展
1997平成9年前田純一、東京赤坂インターデコワコアにて個展。
第49回 木彩会展
1998平成10年第50回 木彩会展(60回記念展)
前田大作、千葉大学工学部工業意匠学科空間デザイン研究室卒。
1999平成11年第51回 木彩会展
2000平成12年前田純一、銀座和光にて個展(3回目)。
第52回 木彩会展
前田純一、信州の現代工芸展 (長野県信濃美術館) 招待出品。
前田大作、井上昇氏にチェアデザインを師事。
2001平成13年第53回 木彩会展(前田大作出品を始める。)
2002平成14年第54回 木彩会展
2003平成15年前田純一、松本市井上デパート「工芸暮らしの美」出品。
第55回 木彩会展
前田大作、東京国際フォーラムにて第4回椅子塾展出品。
前田大作、徳島椅子塾展招待出品。
2004平成16年前田純一、松本市都市景観賞審査委員。
第56回 木彩会展
前田純一、長野東急デパート「日本工芸会長野研究会(現長野会)展」出品。
前田純一、日本工芸会正会員(金工)井尾氏、前田大作、松本市にて展覧会。
前田大作、東京表参道スパイラルガーデンにて第5回椅子塾展出品。
前田大作、海外研修(フランス)。
2005平成17年前田純一、松本市都市景観賞審査委員(2期目)。
1月 前田木藝工房三城シューレ設立。
技術指導 前田純一、前田大作
内弟子4名にて活動開始。
9月 長野県から特定非営利法人前田木藝工房三城シューレ認定
第57回 木彩会展
前田純一、特定非営利法人前田木藝工房三城シューレ理事長就任。
前田純一、横浜山の上ギャラリーにて「私の椅子+α展」出品。
前田大作、フランスへ研修視察。
前田大作、北欧(デンマーク、フィンランド、スウェーデン)へ研修視察。
10月 松本パルコ前広場にて長野県住宅フェアに参加
2006平成18年2月:諏訪 宮坂醸造 cella真澄にて展覧会「お酒と暮らし展」
5月:第58回木彩会展。
10月:東急ハンズ新宿店にて個展
12月:銀座天賞堂クリスマスフェア出展
長野県林務部と県産材利用家具について共同開発プロジェクト開始
NHK、TSB、信濃毎日新聞、市民タイムスなどにて紹介される。
2007平成19年2月:河口湖ギャラリーナノリウムにて個展
4月:ミサワホーム信越とのコラボレーション、住宅見学会にて家具をディスプレイ。
5月:松本市井上百貨店にて個展
5月:前田純一、前田大作、銀座にて第59回木彩会展参加
10月:アトリエ・エムフォオ株式会社設立
純一、大作のマネジメント及びデザイン業務開始
NHK、TSB、信濃毎日新聞、市民タイムスなどにて紹介される。
2008平成20年ARTBOX社「現代日本の家具」に前田純一が招待掲載。
アトリエ・エムフォオ株式会社、経済産業省地域資源活用プロジェクト認定事業者に。
第60回 木彩会展(60回記念展)

参考文献 東京国立近代美術館著作(1987年) 木工芸-明治から近代まで-


PAGE TOP